Pocket

食欲がおさえられれば、理想体重に近づくことも難しくないですよね?

でも食欲旺盛で、ついつい食べ過ぎてしまい体重が増えてポッチャリ体型になってしまう。

そんな悩める方のために空腹の苦痛がなく、食べ過ぎを抑制できて楽に痩せれる【ゆで卵ダイエット】の本当のことを教えちゃいます!

スポンサーリンク

食べ過ぎてしまう女子にゆで卵ダイエットがいい理由

ダイエットに有効な食欲を抑える方法とは

食べ過ぎてしまう女子必見【ゆで卵ダイエット】で食欲を抑制する方法!!

ダイエットに有効な食べ過ぎを抑えるには、楽しい未来を思い浮かべてみるのが強い意志を作る力になります。

まず、痩せた後のことを考えてみましょう!

ダイエット効果の出た後には、今までと違った景色が見えたり、今まで感じたことが無い視線を感じるようにもなってきます。

太っていた頃には洋服店に行っても素通りしていたコーナーもあったかも知れませんね?

でも、ダイエット達成後には洋服店に行くと色んな服が買いたくなり、素通りできなくなって時間も忘れるほど楽しく過ごすことができたりします。

ダイエットしてスマートになったあなたに対する羨望のまなざしが、視界に入ったりもするかも知れません。

今までとは違うダイエット後のあなたを思い浮かべて楽しんでくださいね。

食べ過ぎ抑制は糖質がカギを握っていた⁈

空腹や満腹といった感覚は、どのようにして人は感知すると思います?

まず、そのメカニズムに注目してみましょう。

食事のあと、血糖値が急激にアップして満腹感を覚えます。

当然、食欲は抑制されますよね。

そして時間がたつと血糖値が下がってきて、今度は空腹感をおぼえ食欲が出てきます。

食べ過ぎてしまう女子必見【ゆで卵ダイエット】で食欲を抑制する方法!!

血糖値が食欲を左右していると言っていいですね。

そして血糖値を一番大きく影響するのは【糖質】です。

ですから、ダイエットのカギを握っているのはこの【糖質】ということになります。

そこで【糖質】が低くタンパク質も豊富な【ゆで卵】が、あなたのダイエットの強い味方になってくれるというわけです。

スポンサーリンク

なぜ今、ゆで卵ダイエットなのか?

ゆで卵の効果とは?

通常、人は食べることで血糖値がアップし満腹感を感じます。

急激に血糖値が上がっためにその後、血糖値が下がることで強い食欲がおそってきます。

そしてどうしても何かを食べたくて仕方がない状態になってしまうのです。

その悪循環を避けるためには、急激な高血糖状態にならないように気を付けてください。

そのために糖質を控えた食事を長く続けることで、自然に食欲が抑制できるようになり空腹感が弱くなります。

血糖値を急下降させないようにすることで、食欲を抑制する効果があるということです。

ダイエットが達成できない人は、糖質中心の食事を見直した方がいいと思います。

食欲がセーブできるようになれば、自然と食べる量も減りますからね。

食べ過ぎてしまうことがなくなれば、胃も小さくなり少量で満腹感を感じるので食欲も抑制されます。

 

そうは言っても、お腹が空くと何か食べたいと考えるのは当たり前のことですよね。

そこで、救世主となってくれるのが【ゆで卵】です!

空腹時にゆで卵を食べることで、空腹感をがまんしなくてもすみます。

糖質の低いゆで卵をダイエット時に食べるのはとても理にかなっているんですよ!

食べ過ぎてしまう女子必見【ゆで卵ダイエット】で食欲を抑制する方法!!

おやつが食べたくなったらゆで卵!!!

糖のように血糖値が急激に上がるものを食べると、その反動で空腹時に血糖値がやはり急激に下がり強い食欲が起こる。

これは理解していただけましたか?

食への欲求が強くなり、ダイエットのためには食べない方がいいと分かっていても、ついつい食べてしまうことは悪い事ではありません。

人も動物も空腹の時間が長くなればなるほど、身体に脂肪をためやすくなってしまいます。

ですから、おやつを食べる方がダイエットにはいいんですよ。

大切なのは

  • 何を
  • どれだけ
  • いつ

食べるかですね。

例えば食べ過ぎることがなくなれば、自然と食事量が減って食事制限をする苦痛も感じづらくなりますよね。

食事制限と食欲は密接な関係にあります。

食欲を司っているのは、人間の脳だと言われていますから・・・

食事をしない時間が長く続くほど、食欲は増してきます。

ですからダイエットしたい時には、同じ量の食事を数回に分けて食べたほうがベストです。

でも、中々社会生活では難しいですね?

家にいる人は好きなものをいつでも食べられますが、学校や職場ではそうはいきません。

そこでゆで卵が活躍するわけです。

前の日にあらかじめ茹でておけば、持って出るだけで済みます。

保存方法によってはけっこう日持ちもします。

ダイエット中のおやつとして食べるのにはとても適していると思いませんか?

スポンサーリンク

ゆで卵ダイエットで本当に効果はあるの?

ダイエット期間中の食欲との戦いにゆで卵の力!

どうしても食べ過ぎてしまう人が、苦痛を感じずにダイエットをするのには【食欲を上手に抑制】できるかにかかっています。

ただし、栄養バランスが最悪の状態になり体調を崩してしまっては大変です。

誰しもが良い健康状態をキープしてダイエットするのがベストだと思っていますよね。

食事をしたい欲求を制限することは考えている以上に難しく、実践する困難は思わぬ反動を起こすものです。

ダイエットとリバウンドを繰り返す状態の身体になってしまい勝ちです。

最悪の場合、低体温症になり免疫力が落ち、様々な病気を患ってしまうことも多くあります。

多くの人たちが、ダイエット時に食欲を抑制することができたらと考えるものです。

食欲が起きないような薬を飲むという人たちもいますが、薬には副作用など体へのリスクの懸念があります。

簡単に食べ過ぎを防ぐことができたとしても考えている以上に危険なダイエット手段です。

その点、ゆで卵ダイエットは安全で健康的な理想のダイエット方法だと言えます。

ここで紹介しているのはゆで卵だけを食べるというようなダイエットではないので気を付けてくださいね

食べ過ぎてしまう女子必見【ゆで卵ダイエット】で食欲を抑制する方法!!

健康的にダイエットするために必要なこと

ダイエットで失敗するのは、極端な食事制限やつらい運動をしても効果が出にくくてイライラしてダイエットが苦痛になりリバウンドを繰り返す・・・

ダイエットが苦痛になる原因は、空腹感とダイエットを継続する心が折れてしまう事です。

食べ過ぎてしまった自分に対する嫌悪感も出てくるかもしれません。

そのイライラが積もりに積もって爆発してしまいダイエットを諦めて、結果リバウンドしてしまうケースが多いように思います。

ダイエットで一番重要なことは、継続する決意。

この決意が折れてしまうのがリバウンドの原因です。

ダイエットを始めるのならば、どんなダイエットなら継続できるかを考えるのも大切ですね。

ゆで卵で確実に痩せるわけ!

糖質がダイエットに悪い影響を与えるのは確かですが、食事制限のダイエットはやはり辛いものです。

そんな時の強い味方が【ゆで卵】なのです!

卵は良質のタンパク質と多くのミネラルが豊富に含まれた完全食品だと言われています。

しかも、ゆで卵を食べると大きな消費カロリーの力が必要になります。

だから当然、消費カロリーが増加することでダイエット効果が高まるのです。

ゆで卵の成分だけでなく、ゆで卵を食べること自体がダイエットになるという一石二鳥のメリットがあるわけです。

要するに、胃の中でゆで卵を消費するカロリーが他の食べ物よりも大きいのでダイエット効果があるのです。

卵自体にコレステロールが高いと言われていますが、色々な研究結果から身体の中のコレステロール値にはほとんど影響ないそうです。

一時、はやった「ゆで卵ダイエット」のようにゆで卵だけを食べるというようなダイエットは止めてくださいね。

一種類の食材を食べ続けるダイエットで身体を壊す危険なものもありますから!

ダイエットは自分が健康的に気持ちよく、楽しく生きるための手段として正しい知識を持って行ってくださいね。

まとめ

お腹が空いたらゆで卵を食べて空腹感を満たし、自然に食欲が抑制できる身体を作ってください。

ダイエットのために食べる量を少なくしてストレスに耐えるのではなく、空腹感はゆで卵で補い健康的に綺麗にならなくては意味がありませんね。

私の周りにはゆで卵ダイエットでストレスフリーでやせたと実感できた人がたくさんいます。

ゆで卵ダイエットで糖質を制限し、食べ過ぎてしまう危険を少なくできるのです。

ダイエットで重要な食欲の抑制をし続けるなら、ゆで卵ダイエットは本当に気楽に手軽にできます。

ゆで卵を間食にすることで、食事制限(食事の量を減らす)で苦痛を感じずに継続することができます。

食事はできるだけじっくり良く噛んで食べることで、早い時期に満腹感を得ることができるので早食いにも注意してくださいね。

苦痛なく食欲を抑制し続けると精神的な苦痛を感じずにダイエットが長続きすることができると思います。

どんなダイエットでも、自分に合うかどうかを見極めることが大切です。

食べる量を極端に減らすと逆に食欲は増して、それが精神的苦痛につながりますからダイエット方法を選ぶことがとても大切です。

食べ過ぎてしまうと悩んでいるあなたには、ぴったりのダイエット方法だと思います。

ひじきママひじきママ

ひじきママでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク