Pocket

ダイエットの手段はいくつもありますが、1日1食だけ野菜スープを飲む置き換えダイエットはすごく効果がありました!。

様々な具を入れた野菜スープを1週間続けて飲み、その後食事をする前に必ずスープを飲むという方法だけで効果が出ます。

空腹感に耐えかねて、ダイエットに挫折した人もきっと成功すると思いますよ。



スポンサーリンク

野菜スープダイエットとは?

1食置き換えダイエットのメリット

野菜ダイエットスープでのダイエットは、脂肪が蓄積されづらい体質になることを目指しています。

多くの野菜を食材によって、ダイエット用のスープを作り毎日、飲むだけです。

野菜ダイエットスープ自体のカロリーが少ないのはもちろんなのですが、身体の新陳代謝をアップさせ脂肪燃焼の働きがあるんですね。

野菜スープには、体内の余分な脂肪の燃焼を促進する効果があると言われています。

カロリー面だけを重視して低カロリーダイエットをしていると、炭水化物過多な食事になってしまったり、野菜が極端に不足してしまうこともあります。

ダイエット野菜スープ

栄養不足の心配がないのも野菜スープの置き換えダイエットのいいところですね。

野菜スープダイエットの場合は、たくさん飲んでもいいので、おなかが空いてストレスが溜まるという心配もないと思いますよ。

難しいテクニックも不要で、鍋1つで作れてしまう点も脂肪燃焼効果のある野菜スープの利点です。

忙しい方にも料理の苦手な方にもお勧めです。

野菜スープダイエットは1週間で必ず結果が出ます。

何しろ1週間という短期間で数字に出るので、野菜スープに飽きてしまって挫折する事も少ないのではないでしょうか。

野菜の摂取量があまり多くないという方も、この機会に野菜スープを飲んでみてはどうでしょう。

短い期間のダイエットは身体に悪い?

野菜スープダイエットで成功

短い期間でダイエットをしたいからとカロリー制限をしすぎると、体によくない影響が出ます。

痩せるために行ったカロリー制限が原因で、体調を崩しダイエットが継続できなくなることもあります。

でも、シチュエーションによっては身体に負荷がかかっても、短期ダイエットをせざるをえないこともありますよね。

短い期間でダイエットをしなければいけない人は、脂肪燃焼効果がある野菜スープでのダイエットをするといいでしょう。

野菜スープを飲むことにより、体内の脂肪を効率的に燃焼させることができるので1日にどれだけ飲んでも大丈夫です。

ただし、糖質を取り過ぎるのだけは気を付けたいですね。

つまり、あとの2食もご飯やパンを減らして、ブロッコリーやこんにゃくといった低糖質の食べ物に変えた方が、結果は早く出ます。

脂肪燃焼効果のある野菜スープの作り方

ダイエット用野菜スープの材料

【材料】

  • 玉ねぎ
  • ピーマン
  • 人参
  • セロリ
  • キャベツ
  • トマト缶
  • 味つけにチキンスープの素

切りそろえた野菜類と、トマトとチキンブイヨンを鍋に入れ、水を入れて柔らかくなるまで煮ます。

20分ほど煮れば野菜がちょうどよく煮えるので、仕上げに塩こしょうで味を見て、あっという間に作ることができます。

食事の時に、この野菜スープを摂取することで、体内に蓄積された脂肪が燃えやすい身体になります。

たくさんの野菜を摂取できるので、腸のコンディションがよくなり身体にいいダイエットをすることができます。

毎日同じ味のスープだと面白味に欠けるので、長く続けるためには、時折調味料を変えてみるといいかもしれません。

ほとんどの人が1週間続けることで効果があるダイエット方法なので、急に中断した場合リバウンドのリスクが高くなります。

ドラッグストアや、通販サイトでは、【ダイエットスープ】と呼ばれる、食べてダイエットができる市販のスープも販売されています。

でも、結構なお値段してますね。

自分で作ってもそれほど時間はかからないので、私は3日分くらいを作り置きしていました。

3食のうち1食を野菜スープに置き換えることで、ダイエット効果が期待できます。

スープに置き換える食事は1回ですけど、ダイエット効果を高めるために残りの2回の食事も米やパンの代わりにキャベツを主食にしていました。

ある程度ダイエット効果が出たら、次に紹介するスープダイエットで続けるといいですよ!



スポンサーリンク

食事前に野菜スープでダイエット?

糖質も制限して!

野菜スープなどの汁ものを食事の最初に飲むことで満足感が得られるようになるので、食事の量を減らすことができます。

ご飯やパンを食べるはずのところでせん切りやザク切りのキャベツを食べることで、少ない糖質の食事をするわけです。

レタスやミズナあるいはこんにゃくなど、低糖質の食材であればキャベツにこだわることはないので、比較的続けやすく難しいダイエット方法ではありません。

ダイエットにスープを飲んでキャベツを食べる

ダイエットスープは、市販品でも使いやすいですが、お手製のスープを作っている方もいます。

自分でスープを作る場合は栄養のバランスを考えて、いろいろな食材を入れるようにすると良いでしょう。

野菜スープの作り方を参考にしてもいいと思います。

スープの味にバリエーションを付けることで、毎日飽きずにダイエットすることができます。

タンパク質の多い鶏肉を入れても満足感があっていいですね。

可能なら、毎食前にスープを飲んでから食事をとるというダイエット方法も効果が期待できますよ。

親しい人や家族と共に食べる時に自分だけダイエット食をとることが難しい場合もあるかもしれません。

でも、スープダイエットならそれほど露骨なダイエット食ではないので気兼ねしなくてもいいですよね。

朝食や昼食などで調整することで、全体のカロリー摂取を抑えることができるので痩せる効果がより期待できます。

いつも、ダイエットに挫折してしまう方もお試しあれ~!

ひじきママひじきママ

ひじきママでした。

最後まで読んでいただいてありがとうございます。




スポンサーリンク