Pocket

歌手の西城秀樹さんが2018年5月16日午後11時53分、急性心不全のため横浜市内の病院で亡くなったことが17日に分りました。

昭和時代、【新御三家】として野口五郎さん、郷ひろみさんと共に数々のヒット曲で活躍してきた、幅広いファン層のトップアイドルでした。

スポンサーリンク

「傷だらけのローラ」「YOUNG MAN」などのヒット曲で人気!

2018年4月25日に入院していた

歌手の西城秀樹(さいじょう・ひでき)本名、木本龍雄(きもと・たつお)さんが5月16日午後11時53分

まだ63歳という若さで亡くなられ私たちファンも【新御三家】の野口五郎さん、郷ひろみさんもショックだと思います。

2003年と11年に脳梗塞を発症され右半身麻痺の後遺症が残っているにも関わらずコンサート活動をされていましたね。

4月25日に入院し、回復することなく亡くなられ本当に悲しいです。

通夜は25日午後6時・告別式は26日午前11時からいずれも青山葬儀所で営まれるそうです。

高校時代にジャズ喫茶で演奏していた時にスカウト

広島市出身の西城秀樹さんは小学5年生で兄とバンドを組み、高校時代にジャズ喫茶で演奏していた際にその端正で少しワイルド感のあるスタイルと声量が認められスカウトされました。

家族から反対されましたが押し切って上京し1972年(昭和47)3月に「恋する季節」でデビューしました。

郷ひろみさん、野口五郎さんと共に【新御三家】と呼ばれトップアイドルとして人気は凄いものがありました。

少しハスキーな歌声とスタイルの良さに熱狂的なファンが多かったです!!

73、74年と連続して日本レコード大賞歌唱賞を受賞。

テレビドラマ「寺内貫太郎一家」(74年、TBS)映画「愛と誠」(74年)にも出演し、第一線で活躍していました。

CMでもハウス食品「バーモントカレー」で1973年から12年間出演して、お茶の間の人気者として年齢を問わずファンがいました。

「ヒデキ、感激!」

のキャッチフレーズは知らない人はいないと思います。

スポンサーリンク

「YOUNG MAN」で人気急上昇

  • 「炎」(78年)
  • 「勇気があれば」(79年)
  • 「ギャランドゥ」(83年)

などのヒット曲を次々と出し外国曲のアレンジとなった「YOUNG MAN」では、両腕を使って「Y.M.C.A.」を表現する振り付けが大流行し、幼稚園や各学校でも取り入れられ子供も大人からも国民的アイドルとして親しまれました。

「YOUNG MAN」はTBS放送の「ザ・ベストテン」では2週連続「9999点」の満点という唯一の記録を残しました。

同世代の私達には、懐かしく青春の一幕として蘇ってきます。

西城秀樹後遺障害を乗り越えて復帰!

2003年に韓国でのディナーショーの後脳梗塞を発症されたときは言葉をうまく発音できないなどの障害が残りました。

歌手生命も終わりかと失望しましたがリハビリを頑張り復帰公演もたくさんの方たちによって成功しました。「あきらめない 脳梗塞からの挑戦」を出版しました。

 

2017年11年に2度目の脳梗塞を患い右半身麻痺の後遺症が残っていまいましたが、リハビリを頑張り自力で歩行できるほど回復しています。

筋肉トレーニングや東洋医学の治療院に通って神経を再生するためのハリ治療などを受けているとの報道に期待していました。

2017年10月17日の東京・中野サンプラザ公演19日に神奈川、24日に大阪でコンサートを開催するなど頑張っていたのに本当に残念です。

もっと頑張って欲しかったですね。心よりお悔やみ申し上げます。

ひじきママひじきママ

天国でY・M・C・Aを披露して人気者になってみえるといいですね!!

ひじきママでした。最後まで読んでいただいてありがとうございます。

スポンサーリンク